お買い物

ビタクラフトのウォックパン26を購入、サイズ感をレポします!

こんにちは、フライパンを悩みに悩んで購入したわたあめです。悩んだ末に購入したのはvita craft(ビタクラフト) スーパー鉄 ウォックパン 26cmです。初心者でも扱いやすいという事と、見た目がカッコいい!ということで、このフライパンに決めました。

悩める人
悩める人
今持っているフライパンと比べてサイズはどうなんだろう?

購入する時に、一番悩んだのはサイズ感でした。26cm、28cmと商品情報に書かれていても、メーカーによって微妙にサイズ感が違ったり、深さも違ったり。お店に出向いて実際に物を見ても、家にあるフライパンと比べてどうか?というのが中々比較しづらかったり。

ということで、今日は我が家にあるT-Fal(ティファール)のフライパンとサイズを比較していきます。

購入したスーパー鉄 ウォックパン 26cmの基本情報

購入したのは、こちら。

IH対応 日本製 スーパー 鉄 錆びにくい

アメリカの調理器具メーカー、ビタクラフトのフライパン。

ビタクラフトにもフライパンはいくつかありますが、ウォックパンといって普通のフライパンより深さがあるフライパンを選びました。[22cm],[24cm],[26cm],[28cm],[30cm],[33cm]のサイズ展開で、購入したのは26cm。

素材は長く使えるという鉄。窒化加工で鉄だけど錆びにくいフライパンになります。

深型フライパンにしたのは、日々の炒め調理でフライパンから食材が(特にしめじw)ピョンっと出ていくことが多かったので、それを防ぎたかった。目をつぶったポイントは、底面の小ささです。

家にあるフライパンと比較してみた

我が家にあるティファールのフライパン(22cm,26cm)と比較していきますね。大きさを測っていますが、素人の計測なので、”だいたい”になります、ご了承ください。

大きさ

(右から)ティファール22cm,ティファール26cm,ビタクラフト26cmになります。26cmと同じ大きさで比べると、直径はティファールの方が1cm大きかったです。ただ同じ26cmとして売られていてもビタクラフトは底面が小さい。詳細が気になったので、測ってみました!

ティファール22cm

直径:24cm
底面:19cm

ティファール26cm

直径:28cm
底面:23cm

ビタクラフト26cm

直径:27cm
底面:18cm

ウォックパンだと深みを出すために底面が小さくなるとのことですが、26cmウォックパンは22cmフライパンと同等の底面積ということになります。ただ、深さがあるから、大量に調理できそう!(大量の餃子焼くのには不向きかもしれない!)

深さ

深さも比較してみました。

ティファール26cm

深さ:5cm

ビタクラフト26cm

深さ:8cm

ティファール26cmと並べています。ウォックパンの方が深いです。(当たり前ですが。。)

存在感

私の感覚になりますが、存在感としては、同じ26cmフライパンでも高さと持ち手があるビタクラフトの方が存在感があります。コンロに置くと「なんかデカい!」と思う感じです。

料理はどのくらい入るのか?

食材を入れる

大きさ(センチメートル)を言われてもピンと来ないという方も多いと思うので、実際料理をするとどれくらいの量がフライパンにはいるのか、画像を載せますね。最近調理したものになります。

上から説明します。魚の切り身は3切れ+キノコ+ちょっとした野菜が入りました。味の素の冷凍餃子は1パック(12個)入いります。ギチギチではなく少し余裕あるかな?というくらい。そして、パスタも茹でて見ましたが2人前(200g)はなんなく。パスタも折らずに入りました。

何人家族用か

家族によって食べる量も違うと思うのですが、子供が小さい4人家族で丁度良いかなと思います。底が同じ径として売られているフライパンより小さいので、底を活用する料理、例えば餃子などをモリモリたべるお年頃になったらちょっと厳しいかもしれない。だけど、野菜炒めなどの料理は大きくなっても大丈夫そう。

もし、我が家はたくさん食べる!底面積が必要だよ!という方はひとまわり、ふたまわり大きいウォックパンでも良いかもしれないです。または、普通のフライパンをもう一つ買ってもいいかもです。

余談:お手入れグッズについて

多分、鉄フライパンの購入を考えている方はお手入れグッズも同時に検討されているとおもいますので、わたあめが購入した&目を付けているものを書いておきますね。

我が家のお手入れグッズは、以下を使っています。何より見た目で選んじゃいました。コロンとしていて、単体でキッチンに溶け込むデザイン。たわしを置きたくないという方にはオススメです。

ただ、木の部分がひび割れてこないか心配・ちょっと乾燥しづらい?といところが気になるポイントです。そういう場合は、お洒落なたわしが良いかな、と思います。(次はこちらを試してみる予定です。)白いたわしって、今までのたわしのイメージを払拭しますよね。素敵。

さいごに

いかがだったでしょうか。この記事でサイズ感や置いたときのイメージが少しでも掴んでいただければ幸いです。なかなか外出もできないこのご時世なので、ネット通販するにしても大きさってかなり迷いますよね。

鉄フライパンは他にも迷っていました。一ヶ月前のこととなりますが、その時のことも記事にしています。良かったら覗いて行ってくださいね!

フライパンについて百貨店の店員さんに色々聞いてきたこんにちは、わたあめです。最近、テフロン加工のフライパンのコーティングが剥げてきて、卵が焦げ付くようになってしまったので、買い替えを検討...

それでは、良いフライパンに巡り合えますように!それでは、また!!

flier(フライヤー)