※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

プチIT化

【VLOOKUP】複数の検索値をOR条件(どちらか)で検索するには?

こんにちは、わたあめです。今日はExcelのVLOOKUP関数アレンジの記事になります。

今回、VLOOKUP関数を使って実現させたいこととしては、2つの検索の値をOR検索したい、ということです。例えば、以下のような例。

検索値がA列かB列かどちらかにある状態で、検索値1か検索値2どちらかに当てはまればVLOOKUP関数を使って、右表から値を取得して価格を表示させたいという状況です。

わたあめ
わたあめ
それでは、いってみましょう!

VLOOKUP関数の基本の使い方

まず、VLOOKUP関数の基本的な使い方のおさらいです。使い方は、以下の通りです。

=VLOOKUP(検索値, 検索の範囲, 列番号, 検索方法)

上記の検索値=検索したい値は基本的に一つのセルを指定しますが、ここを複数指定してOR検索したい場合どうすればいいか、という事を考えていきます。

対処:VLOOKUPを繰り返し使う

2つの検索値をどちらか一個でも当てはまればというOR条件での検索をVLOOKUPで検索していきます。以下のようにVLOOKUP関数と、もしエラーだったら(=検索値が見つからなかったら)というIFERROR関数を使って処理を記載する。

=IFERROR(VLOOKUP(検索値1セル,検索範囲,結果の列,検索方法),IFERROR(VLOOKUP(検索値2のセル,検索範囲,検索結果の列,検索方法),"見つかりませんでした"))

検索値1でVLOOKUP関数を使って検索し検索結果が無かった場合、検索値2でVLOOKUP関数を使って検索、それでも見つからなかったら、「見つかりませんでした」という文字列を表示するようにしています。

ちなみに、記載例ですが冒頭の画像の例で記載した関数式は以下の通りです。セルC2に記入する式となります。これをオートフィルすると良いです。

=IFERROR(VLOOKUP(A2,F:G,2,FALSE),IFERROR(VLOOKUP(B2,F:G,2,FALSE),"見つかりませんでした"))

2つ以上の3つの条件にするには?は、検索値1→検索値2→検索値3という順でIFERRORと組み合わせて式を組むと良いですよ。(式自体は長く&入れ子状態になってしまいますが、今のところはこの解決策ですかねぇ…)

さいごに

いかがだったでしょうか!少しでもExcel作業の参考になれば幸いです。それでは、また次の記事で!