暮らしぶり

【ミューズ】ノータッチ泡ハンドソープの故障原因は?分解してみた

こんにちは、わたあめです。今回は、ミューズの電動ハンドソープディスペンサー「ノータッチ泡ハンドソープ」の故障についての記事です。

赤いランプが点滅するミューズノータッチ泡ハンドソープ
わたあめ
わたあめ
ハンドソープが3回出てくる!!笑

ミューズのディスペンサーが、赤く点滅し通常1回泡が出てくるところ、ウィーン・ウィーン・ウィィーン!と3回泡が出てくるようになりました。故障してしまったので、分解して修理できるか確認してみることにしました。

分解してみた

分解は自己責任の範囲だと思いますが、我が家はどうせ壊れているしという理由で中を覗いてみることにしました。

底部分の分解

底の部分は、底部分をパカッと開けて、電池を外して4か所のネジ(赤矢印)を外すと中が見れました。

電池部分のカバーを外すと下写真のような状態になっていました。

上部分からの解体

泡ハンドソープ自体を差し込むところ、上部分の解体です。ハンドソープボトルを抑えている白い部分をとり、ねじを外します。(この白い抑えを外すには結構力が要りました。ペンチなどを使ってグイっと引っこ抜きます。)

上を開けると、以下のように中が見えた状態になります。

わたあめ
わたあめ
これで、上からと下からのぞけるようになったよ!

おそらくの故障原因

水が入り込んで錆びていた

泡ハンドソープ自体の動作をON・OFFにするスイッチが、底面にありました。そこから水が入り込んで、茶色く錆のようなものが出来てしまっていました。

ミューズの本体に錆

ハンドソープ液自体が内部で漏れていた

ハンドソープ内部では、センサーが感知するとハンドソープ液を吸い取って泡として出すという仕組みのようなのですが、その過程でハンドソープ液が漏れ出ているようでした。

中のパーツがぬるぬるしているな~という事で気付きました。また今回は緑色が付いたハンドソープ液を使っていたのですが、綿棒で部品周りをぬぐってみると緑色に。ハンドソープ液でした。

ミューズ内部で漏れ出たハンドソープ液

上画像で、隙間隙間が緑色になっているのが写真から伝わるでしょうか?

水分によって錆びが出来ていた

内部に入ってきた水分(水、ハンドソープ液)によって基盤部分に錆びができていました。赤褐色の錆びと、(こちらは恐らくですが)「緑青(ろくしょう)」と呼ばれる錆びも出来ていました。

ミューズ内部の錆びた基盤

よくみると基盤のはんだもモロモロになっているような気がします。これでは、正常に動かないという事も納得です。

わたあめ
わたあめ
我が家のノータッチ泡ハンドソープは完全に故障してそう…(泣)

当たり前だけど使い方は守るべき

ミューズの公式ページのノータッチお客様サポートぺージを見てると、以下の使い方が我が家では良くなかったです。

  • 本体を水がかかる所に置いていた
  • 底部分に水が溜まることが多かった

他のQAについてはミューズ公式サイトに載っています!

再度購入することにしました!

我が家は再度購入することにしました。ハンドソープの替えボトルもあと3つも残っているということと、価格が安いんですよね。今度は濡れない場所で使って大切に使います。

ハンドソープ付きで1500円程ってやはり手の届きやすい価格ですよね。またデザインもシンプルでやっぱりコレ!と思いました。

ミューズ以外の自動のディスペンサー製品

自動ディスペンサー商品、調べてみたので載せておきます。まずは評価が高かった自動ディスペンサーです。ハンドソープ液のメーカーを選ばないのと、にこちゃんマークが点滅するデザインもとても可愛いです。

あのキレイキレイからも自動ディスペンサーが発売されているようです!泡で出るタイプの詰め替え液なら詰め替えOKのようなので、ランニングコストが安そうです。

自動ディスペンサー、いろんな製品があって迷いますね。

さいごに

いかがだったでしょうか。我が家の場合は、基盤が駄目になってしまっていましたが、調べていると自力で修理できたという方もいらっしゃいますね。

また、ミューズは1年以内であれば保証対象になるので、該当する方は問い合わせしてみると良いかもしれません。

それでは、また!