プチIT化

Windows10初期化後に出てくるTPMメッセージの対処

こんにちは、わたあめです。今回は、Windows10初期化を行い、その後のインストールでTPMについてのメッセージが出てきたときどうすればいいか?という記事です。

先日、Windows10を初期化したときに、以下のエラーが出てきました。

A configuration change was requested to enable, activate clear enable,and activate this computer's TPM

悩める人
悩める人
え?初期化やOS再インストールに失敗した?!

と冷や汗をかきました。調べていくとエラーや警告などではなく、TPMをどうしましょうか?という確認メッセージなのでまずは安心してくださいね。それでは、いってみましょう!

症状詳細

症状の詳細です。Windows10初期化していると、以下のエラーが出ることは冒頭でお伝えしました。

A configuration change was requested to enable, activate clear enable,and activate this computer's TPM

他にもメッセージは表示されていて、つたない英語力で日本語訳すると以下のようなことが書かれていました。

  • コンピュータのTPMが有効化すること
  • 注意点として、格納されたTPMは削除され、クリエートキーを失うということ

そして、その下には「Reject」ボタンと「Execute」ボタンが配置されていました。

ボタンでなく[F3]キーだったり、[ESC]キーだったり、パソコンの機種によって操作は異なるようです

対処

結論として、TPM情報を削除するか・しないかどちらでもOKです。壊れているわけではないのでご安心を!状況に合わせて選択肢を選びます。今回はExecuteボタンをクリックしました。

TPMとは?

TPMとは、正式名称はトラステッドプラットフォームモジュール(Trusted Platform Module)で、パソコンに組み込まれた部品:セキュリティチップのことです。ハードディスクなど(ストレージ)を暗号化してくれたり、セキュリティを高めてくれるチップです。

Windowsの中ではセキュリティプロセッサと呼ばれています。[設定]>[更新とセキュリティ]>[Windowsセキュリティ]>[デバイスセキュリティ]>[セキュリティプロセッサ]欄から情報が確認できます。

どちらの選択肢を選べばいいのか?

どちらの選択肢を選んでも壊れているわけではないので大丈夫…と言われても迷いますよね。

このTPM情報が削除されてしまうと、暗号化されてしまった情報は復号化できなくなります。ということで、初期化前の暗号化された情報にアクセスする必要がないなら、この処理は実施で良くて、そうでないならそのまま情報を残す方向が良いと思います。

パソコンの利用者や持ち主が変わるのであれば、削除するで良いと思います!今回は、初期化なのでTPM有効でOK、元々あったTPMは削除で進めましたよ!これで無事に先に進めました。

さいごに

いかがだったでしょうか。壊れたの?!と焦りましたが、大丈夫なメッセージでした。初期化やインストール作業って、うまく行くかドキドキでおそるおそるですよね~。それでは、また!