プチIT化

無料ソフトを使った文字認識させないPDFファイルの作成方法

こんにちは、わたあめです。ExcelやWordのファイルをPDF化した時、通常文字を反転させて右クリックするとコピーすることができます。

PDFの文字列コピー

ですが、文字列や画像をコピーして欲しくないというPDFファイルもあるかもしれません。簡単に文字をコピーできないようにPDFにセキュリティ設定をしてきます!今回は、CubePDFという無料ソフトを使ってPDFファイルに対してセキュリティ設定を行っていきます。

この記事で紹介する設定の流れ

PDFファイルを作成

作成したPDFファイルにセキュリティを設定

それでは、いってみましょう!

事前準備:CubePDFという無料ソフトをインストールする

今回、セキュリティ設定を行うために使うのは「CubePDF Utility」という無料のソフトウェアになります。こちらを事前準備としてインストールしておきます。

セットアップの途中に、PRソフト(※私のインストール時は「E STARTアプリ」が表示されていました)ということで、CubePDF Utility以外のソフトもダウンロードされてしまう事があります。不要な場合は、利用許諾のチェックを外してインストールを進めましょう。

インストールは自己責任でお願いします。

PDFファイルを作成

まずは、いつも通りのやり方でPDFファイルを作成してみてください。とにかく作成方法は、PDFファイルが出来れば良いので、問いません。

ですが、ここではExcelからPDFファイルを作成する手順を例として載せておきます。

例:ExcelからPDFファイルを作成する手順

Microsoft標準のPDF作成機能を使ってPDFを出力します。

  1. [ファイル]>[印刷]をクリック
  2. [プリンター]で[Microsoft Print to PDF]を指定する
  3. [印刷]ボタンをクリック
    ExcelファイルからPDFを出力する手順

これで、PDFファイルが出来たかと思います。この時点のPDFファイルはコピーできなくするというセキュリティ設定をかけていないので、文字列のコピーができてしまう状態です。

PDFに文字コピーさせないセキュリティ設定をする

インストールしておいたCubePDF Utilityを利用してセキュリティ設定をしていきます。手順は以下の通りです。

  1. CubePDF Utilityを起動
  2. [ファイル]>[開く]ボタンをクリックし、文字認識させたくないPDFを開く
    CubePDFの開くボタン
  3. [セキュリティ]ボタンをクリック
    CubePDFのセキュリティ設定
  4. [PDFファイルをパスワードで保護する]にチェック、[管理用パスワード]・[パスワード確認]にパスワードを入力、[テキストや画像のコピーを許可する]のチェックを外す
    PDF文字をコピーさせないセキュリティ設定
  5. [OK]ボタン
  6. [保存]ボタン(上書き保存でも別名保存でも)

これで、テキストがコピーできないPDFとなりました。以下のように、文字範囲を指定して右クリックしても、「コピー」のメニューが出てこなくなりましたよ!
文字コピーできないPDF

管理用パスワードとは

今回入力した管理用パスワードは、閲覧時(ファイルを開いたとき)に求められるパスワードではなく、文字内容を変更するなどのPDF自体を編集する際に求められるものです。

例えば、Adobe Acrobat ReaderやEdgeやChromeなどで閲覧するために開く時は、パスワードは求められないということです。お客さんに送付して、ファイルを開くときに必要になるパスワードではないので、安心してください。

では、どういう時にパスワードが必要になるかというと、CubePDF Utilityで再度開いてPDF自体を編集しようとした時に、パスワードが求められます。(セキュリティの設定を追加したりする場合)

確認用パスワード入力時

その他:CubePDF Utilityでできるセキュリティ設定

今回紹介したのは、文字や画像をコピーできなくようにするセキュリティ設定でした。CubePDF Utilityでは他にも、PDFファイルのセキュリティ設定があるので紹介します。

CubePDFでできるセキュリティ設定
(1)PDFファイルを開く時にパスワード要求をするPDFファイルを開いたときに閲覧用のパスワードを求める設定。[閲覧用パスワード]と[パスワード確認]にパスワードを入力する。
(2)印刷を許可するPDFをプリンタ出力させるかどうか。
(3)ページの挿入、回転、
削除を許可する
複数ページにわたるPDFファイルで、ページとページの間に他のPDFを差し込むことを許可するかどうか。削除できるかどうか、回転させるかどうか。
(4)アクセシビリティのための内容の抽出を許可するスクリーンリーダー(表示されている情報の読み上げ)や拡大鏡などを使う事を許可するかどうか。
(5)フォームへの入力を
許可する
PDFファイルに設けられた入力欄(=フォーム)の入力を許可するかどうか。
(6)注釈の追加、
編集を許可する
注釈を入れることや編集することを許可するかどうか。

必要に応じて、これら設定を活用していくと良いかなと思います!

さいごに

いかがだったでしょうか。思った通りのPDFセキュリティ設定は出来たでしょうか。PDFの制限も色々とあるのだなと勉強になりました。上手く活用していきたいと思います。それでは、また!