プチIT化

送信したメール本文に怪しい文字列!HTMLタグやURLが表示される時の原因・対処

こんにちは、わたあめです。今回出会った事象は、送信したメールの本文に怪しい文字列が含まれていた時どうしたか?という記事です。

メールを作成した際に、WEBページの画面の文字列をコピーし貼り付けて送信しました。メール作成時には特に問題がなかった本文だったのですが、受信者側の表示で、HTMLタグ(<img src="xxx/imaga/yyy.png">)のような謎の文字列が表示さてしまいました。

Thunderbirdでは、こんな警告メッセージが表示されるようでした。

プライバシー保護のため、このメッセージ内のリモートコンテンツをブロックしました。
これって何か怪しいアドレスなのではないのか!ウイルスではないのか!という連絡がありました。

受信者としては、謎の文字列が含まれていて、大丈夫なの?!表示しても大丈夫なの?!とセキュリティ的な不安を覚えてしまいますよね。

今回の場合、わたあめがどう対処したかを書いていきます。状況や環境によっては、原因や対処方法が異なる場合もございますので、そこはご注意くださいね。

原因

今回の場合はメールをHTML形でメッセージを作成していたからでした。相手から"変なメールだったよ"と連絡があったことで、気付きました。

変なメールが来たら、今回みたいに送った人にまずは聞いてみるのもいいかも。

それでは、詳しい原因を知りたい方は続きを読み進めてみてください。とにかく対処方法を早く!と言う方は、目次からジャンプしてくださいね!

WEBブラウザで見ている画面はHTMLで構成されている

WEBブラウザ上で表示されているページは、HTMLという言語で構成されています。
表面上は画像や文字、装飾などが表示されているように見えますが、裏ではHTMLというマークアップ言語で書かれています。

試しに、WEBページを表示させた後、キーボードの以下のボタンを押してみてください。

  • Microsoft Edge:F12キー
  • Google Chrome:F12キー

右側にごちゃごちゃと<>で囲われた英語が表示されましたか?これがマークアップ言語なんです。例えば、こんなのです。

<html>
  <head>
    <title>あんもちブログ</title>
  </head>
  <body>
    やる気ないやる気ないやる気ない
    <img src="yarukinai.png"/>
  </body>
</html>

マークアップ言語までコピーペーストされたのが原因

コピーした時に、文字列の部分だけでなく、上記で説明したマークアップ言語ごとコピーしてしまって貼り付けていたのが原因でした。

例えばこんなシーンで発生します。

  • WEBページの文字列だけでなく画像まで一緒にコピー
  • WEBページの表自体をコピー

文字列しかコピーしていないという場合でも、気づかずコピーしていることもあるので注意ですよ。表の枠線がなかったり(線の太さがゼロになっているので一見表っぽくない)や、小さすぎる画像でコピーするときに気づかず選択してしまっていたりという事も。

作成者側では正常に表示される

わたあめ
わたあめ
とはいえ、作成時は何の問題もなく表示されていた!

と疑問を持ってしまいますよね。メールを作成時は、問題なく表示されていたのは、送信者側の編集モードがHTML形式で編集できるようになっていたからです。メーラー(メールを作るソフトウェア)側がHTMLというマークアップ言語を理解して問題なく表示していたからなんです。

受信者側のメーラーがHTMLを読み込まない(理解できない)設定になっていると、一見理解できないHTML言語が表示されてしまうという訳です。

対処

この問題を事前に防ぐ(HTML形式のメールを送らない)には、メール作成時にHTML編集しない設定を入れておくと安心ですよ。

Thunderbirdの場合

Thunderbirdの手順だと以下になります。他のメーラーでも似たような設定項目を探してみてくださいね。

  1. 画面上側のメニューバー、[ツール]>[アカウント設定]をクリック
    メニューバーが表示されていない場合はキーボードの[Alt]キーをクリック
  2. [編集とアドレス入力]をクリック
  3. 右側の[編集欄]>[HTML形式でメッセージを編集する]のチェックを外す

以上で、HTMLモードでの作成が出来ないようになります。この設定でメール送信したところ、同じ現象にはならなかったです。

さいごに

変なメールが届くとビックリしちゃいますよね。私も指摘されて心がドキーンとしてしまいましたが、原因を探ると大丈夫だと分かりました。

それでは、また!

 

flier(フライヤー)