暮らしぶり

お肉煮込み後のフィスラーのステンレス鍋の汚れを取るにはレモン汁!

こんにちは、わたあめです。わたあめはフィスラーのスナッキーセットというステンレス鍋を購入して、愛用しています!

小ぶりな鍋、洗いやすいしちょっとした汁物を作るのに本当に大活躍で毎日使っています。ところが…ちょっとミートソースを作ろうとひき肉を煮込んだら汚れがこびりついて、スポンジで洗っても洗っても取れなくなってしまいました

わたあめ
わたあめ
この汚れ、どうにか取れないかな?!

という事で、今回色々試してみました!家にある調味料レモン汁で一気に綺麗になりました。

  • フィスラーのステンレス鍋でお肉を煮込んで汚れが取れなくなった
  • スポンジ+洗剤で洗っても取れない
  • 重曹で煮ても取れない汚れ

と言う方、もしかしたらこの記事で解決するかもしれません!それでは、いってみましょう!

Money Step【iOS】

汚れビフォーアフター

まずは、ひき肉の汚れが調味料レモン汁でどの程度取れたのか?!の写真を載せておきます。

左がビフォー、右がアフターになります。掃除前は、くすんだ汚れこびりついているというか、指でなぞってもツルツルではなく、ガサガサ…引っかかる感じがありました。レモン汁で磨いてからは、手触りも見た目もツルツルになりました!

用意するもの・掃除方法

今回用意したものは以下です。

  • ひき肉を煮込んで汚れた鍋
  • レモン汁(ポッカレモン100)
  • キッチンペーパー

これだけなんです!家にあるもので、すぐ出来ちゃいました。レモン汁も100円ちょっとで手に入るし、元々口に入れるものなので安心ですし、良い匂いだし美味しいですよね。レモン汁良い事しかないです。

今回行った掃除方法は、気になる汚れにレモン汁を垂らして、キッチンペーパーで拭き取るだけでした。ペーパーでキュキュッとこする必要はありましたが、本当にこれだけでした。柔らかい布やスポンジでこすっても良かったかもしれません。

なぜ綺麗になったのか?

レモン汁の成分が効いた

一方、レモン汁の成分はクエン酸・ビタミンCだそうです。ちなみにポッカレモンのページを見ると、大さじ1杯に対して950mgのクエン酸が入っているのだとか!

このクエン酸はアルカリ性の汚れを落とすのに長けているそうです。今回こびりついていた汚れがアルカリ性だったということだと思います。このアルカリ性汚れにクエン酸をかけて、中和させることで汚れが落ちるそうです。

ちなみに重曹では落ちなかった

ステンレス鍋の汚れは、お湯沸かして重曹入れて煮れば良い!と見たので、やってみたのですが、それでは今回の汚れは落ちませんでした。

煮ている途中、シュワシュワと泡が出てきてこれは汚れ落ちるに違いない!と思ったのですが、予想に反して全く汚れ落ちずでした。重曹は酸性の汚れ落としに有効なのだとしりました。今回の汚れはアルカリ性だったのですね。

重曹とクエン酸どちらを使えば良いのか

そうなると、重曹とクエン酸どちらでお手入れすればいいのか分からなくなってしまいますよね。という事で、まとめてみました。

重曹油汚れ、茶渋、食べ物のタンパク質、焦げ
クエン酸水垢、虹色の汚れ、焦げ
それぞれ使えない素材や使用上の注意があるので、製品の注意事項等を必ずよく読んでから実行してください。例えば、重曹は大理石やアルミ製の鍋や傷つきやすい素材はNGです。自己責任でお願いします。

今回、肉の灰汁(アク)がこびりついたと思ったので、灰汁の成分であるタンパク質を中和する重曹がベストだと思ったのですが、意外にもこびりついていた汚れはアルカリ性だったみたいです。

分からなければ重曹もクエン酸も試してみてはいいのでは?!と思ったわたあめです。汚れはだいたい酸性かアルカリ性らしいので、どちらも試せばどちらかが当たるという考えもアリですね。

重曹・クエン酸オススメ製品

今回使った重曹はシャボン玉石鹸のものです。こちら、クエン酸も商品としてあるみたいです。今回家にクエン酸が無かったのでレモン汁を使用しましたが、今後のお手入れにどちらも揃えておいても良いかなと思いました。

重曹は鍋のお手入れの他にも、こんなことに使えます。

  • 生ごみにふりかけて消臭
  • 絨毯にふりかけて掃除機で吸って消臭
  • ガスコンロ周りのこびりついた油に

クエン酸は鍋のお手入れの他にも、こんなことに使えます。

  • トイレの黄ばみに
  • シンクなどの水垢のお掃除に
  • 洗濯に使う事で消臭&ふわっと仕上げる

さいごに

重曹もクエン酸も幅広く使えるので、この2つの商品があれば無敵なのでは?!と思ってしまうわたあめなのでした。クエン酸ポチろう~。それでは、また!

安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』