プチIT化

【Excel】ページ設定の印刷品質が600dpiしか選べないのはナゼ

こんにちは、わたあめです。先日ひょんなことから、Excelの印刷品質の設定を行おうと思ったら…

わたあめ
わたあめ
Excelの印刷品質が"600dpi"しか選択肢がない!

という状況に陥りました。いつもはいくつかある選択肢ですが、印刷品質を変更しようと思ったら変更できなかった。今日はその原因について調査しましたので、まとめます。それでは、いってみましょう!

事象詳細:"600dpi"しか選べない

以下画像の赤枠部分(上)のように、選択肢に600dpiしかないのです。いつもであれば画像赤枠部分(下)のように、600dpi以外にも200dpiや1200dpiも選択肢にあったはずです。

印刷品質の設定手順

印刷品質の設定は以下の手順で行っています。Office2016を利用しています。

  1. Excelを起動
  2. [ページレイアウト]タブ>[ページ設定]欄の右下の□(に右下斜めの矢印マーク)をクリック
  3. [ページ設定]ダイアログが開く
  4. [ページ]タブ>[印刷品質]のプルダウンメニューをクリック

原因:プリンタによって扱える印刷品質が異なる

原因はズバリ、プリンタによって扱える印刷品質(dpi)が異なるからです。

そもそもdpiとは

dpiとは"dots per inch"の略になります。直訳すると、インチの中にどれだけドットがあるかですね。実はプリンタやパソコンの画面(モニター)が画像を表現するときは小さな点を沢山集めて表現しています。この点=ドットが1インチの約2.54cmにどのくらい密集してるかということです。

600dpiだったら、2.54cmの中に600個点があるという具合です。dpiの値が大きければ大きいほど密集している=滑らかな画像で表現できる、ということになります。

プリンターによって扱えるdpiは異なる

この章の冒頭でも書きましたが、プリンタドライバーによって扱える印刷品質が異なります。例えば、コピー機であれば200dpi~1200dpiまで扱うことができたりしますが、Microsoft Print to PDFなどPDFを作成するプリンタドライバーだと600dpiしか扱えないことがあります。

現在指定しているプリンタで扱えるdpiが選択肢

Excelのページ設定の印刷設定では、今Excelのプリンタで指定しているプリンタが扱えるdpiが選択肢になっています。わたあめが600dpiしか選択できなかった時は、Microsoft Print to PDFのプリンタドライバーを選択していた時でした。

対処

Excelでプリンタドライバーを選択しなおして、印刷品質を設定すれば選択肢は増えます。手順は以下です。

  1. [ファイル]タブ>[印刷]をクリック
  2. [プリンター]で選択しているプリンタードライバーを変更する
扱えるdpiはプリンターによって違うので、いくつか試してみると良いですよ!

dpiを変更すると問題が起こることも

印刷品質(dpi)がシートごとに異なると問題があることもあります。必要が無ければ、揃えておいたほうが良いかと思います。ちなみに、600dpiがデフォルト設定になっていることが多いです。

PDF作成時のエラー

  • PDFを作成しようとMicrosoft Print to PDFで印刷すると、名前を付けて保存のダイアログが複数回出てくる。
  • PDFが意図しないところで複数に分割されてしまう。

解像度(dpi)が高すぎる

解像度を高く設定すると、印刷結果はきれいになりますがデメリットもあります。

  • ファイルの容量が大きくなる
  • 印刷に時間がかかる

印刷設定で「きれい」を選択するとプリンターで時間がかかったりしますよね。それがこの辺が関係しています。

さいごに

選択肢が600dpi以外は空白のようになっていて選択できずに、ちょっと焦りました。でも、何か不具合が起きているとかでなくて良かったです!

それでは、また。

flier(フライヤー)